日焼け止め、正しく塗れていますか?

日焼け止めの塗り方

日焼け止めを塗るとき、
手の上で伸ばしてから塗ったり
ゴシゴシこするように
塗ったりしていませんか?

日焼け止めは
なるべくムラが出来ないように
塗るのが大切ですが
手の上で伸ばし、それを顔や体に塗ると
ムラができやすくなってしまいます。

日焼け止めの塗り方 日焼け止めの塗り方

上のように、まず手の上で伸ばした時点でムラが出来ますし
その状態で触った部分にも
かなり大きなムラが出来てしまうのです。

また、ゴシゴシ塗り込むようにすると
肌へ大きな刺激が入ってしまい
シミなどの原因になることも‥。


ムラなく、そして優しく塗るには

①適量(顔なら500円玉大)を手の上にとる
②塗りたい場所(顔なら額、頬、鼻、顎など)    
 にちょんちょんと小指の先ほどの量を置く

日焼け止めの塗り方

③指先を使って、優しくたたくように全体に
 なじませていく

日焼け止めの塗り方

とすると良いですよ。

叩くといっても、優しく、ソフトタッチで!

洗顔と同じく、日焼け止めを塗るときも
なるべく肌に刺激を与えないように
気をつけましょう🍀

 

◆紫外線・近赤外線対応!
 石けんで落とせる肌に優しい日焼け止め


 ゴルファーズ プロテックUVクリーム
   SPF50+ PA++++   3,740円